アンフィニ通信3月号(H23・3・12発行)

☆はじめに・・・

こんにちは。今年の大学受験・高校受験・学年末試験も終わり、みなさんもホッと一息といったところでしょうか?

 今年の大学受験は、北海道大学法学部へ現役合格という結果を残すことができ、私としても最高の形で一年を締めくくることができました!次は皆さんの番ですね!

 今回のアンフィニ通信は、春休みに向けて『意識してほしいこと』をテーマに、学年ごとにお伝えします。新学期に向けてしっかり準備するためにも、以下のことを心掛け、この春休みを大切に過ごしましょう。

☆新高校3年生は受験を強く意識すること

高校3年生への春休み。受験までもうとっくに1年を切っています。そのことを自覚できているでしょうか?指導前などに質問する生徒が一部に限られており、『本当に大丈夫なんだろうか…』と思ってみています。

 「勉強量は足りていますか?」「本当にこのペースで間に合いますか?」学習時間を受験寸前に焦って増やすだけで何とか突破できた高校入試と大学入試は違います。そのことをしっかりと踏まえたうえで、もう少し大学受験への意識を強く持ってほしいと思います!

 大学入試は人生を左右する大勝負です。

 後悔が残らないよう、一日一日を大切に過ごしてくださいね☆

☆新高校2年生はステップアップ!

新高校2年生は、まだまだ受験まで余裕があります。塾では既に大学入試を意識してマークシート式の問題を解いていますが、これはとても早い時期からの対策といえます。だからこそ、新2年生にはもう一段階ステップアップしようという気持ちでこの春休みを過ごしてほしいと思います。2年生といえば、どうしても中だるみしてしまう時期。だからこそ、向上心を持って過ごすことで、『中だるみ』を回避してほしいと思っています。

高校1年生の冬からマーク式の問題を解かせ、受験を意識した対策を今の新2年生にはしています。大学受験対策としては理想形といっても過言ではありません!更なる飛躍を期待します☆

☆新中学3年生!勝負の年の始まりです!

新中学3年生にとっては人生初の受験勉強の始まりですね!心の準備はできているでしょうか?(笑)

これまでしっかりとした学習習慣をつけていなかった人にとっては、とても辛く感じると思います。ただ、それにくじけない心の強さが必要です。高校入試は目標を下げようと思えばいくらでもレベルの低い高校へ志望校を下げることが可能です。

よく、『公立高校入試合格率100%』と掲げる塾がありますが、それは決して素晴らしいことではないと考えています。なぜなら目標を下げれば、必ず合格できるのが北海道の高校入試だから。

しかし、下げれば下げるほど3年後の進路の選択肢は狭まることを覚悟しなければなりません!ここで踏ん張り貪欲に行きたい高校を目指すか、ダラダラと目標を下げるか…。さて、どちらを選択しますか?志望校決定は最悪来年の1月で構いません。

最後まで目標を見失うことなく貪欲に志望校へ向けて努力してくれることを強く期待しています。

この春休み、先ずは4月の道コンへ向けて頑張りましょう!

☆新中学2年生は気持ちを切り替えて!

新中学2年生は、講義に向う姿勢・学習習慣ともにまだまだです!もしかしたらまだ小学生の気分が残っているのではないでしょうか?講義の中ではいつも『集中して!』『やるよ!』などと、勉強に向うように強く言わなければならない状況です。これでは『内申点を上げましょう』とか『受験の土台作りを…』などとは、とても言えません。

次は中学2年生。遅すぎることはありません。そろそろしっかりとした態度と姿勢で、意欲的に講義を受けるようにしましょう。

あまり改善しないようでしたら、次回の面談時に保護者様に直接お話させていただきますので、よろしくお願い致します。

♪クロワッサン♪

今回のアンフィニ通信は村尾尚美が書かせていただきました。皆さんご存知と思いますが、塾長は背骨を骨折してしまい、休養中です。それでも高校生の指導だけは痛み止めを飲み、シップとコルセットでごまかしながら不屈の闘志で乗り切っています。転んだ瞬間を見ていたのですが、まるでトリプルアクセルに失敗したようでした(笑)。きっと受験生の生徒の分まで滑ってくれたんですね。