アンフィニ通信4月号

☆はじめに

こんにちは。春期講習も終わり、いよいよ新学期です。短いながらも充実した春休みを過ごすことはできたでしょうか?

新中学1年生は、小学校から中学校へ新入学し、まだ学校のリズムに慣れていないのではないでしょうか。それ以外の学年の生徒さんもクラス替えや教科担任が変わり、授業の方法も多少変わったかもしれません。新学期のそわそわ落ち着かない雰囲気に早く慣れ、自分のペースを作ることが大切です。これまでの成績に満足している人もそうでない人も、心機一転。最高のスタートを切れるようにしましょう。

☆高校3年生は受験までのカウントダウン

センター試験まであと9ヶ月をきりました。日々の学習時間は十分確保できているでしょうか?春期講習では、冬期講習同様、センター試験・一般入試を意識したものにしました。本科の講義も引き続きセンター対策です。講義ではマーク形式のものを使い入試に直結するような知識を学べるように指導をしております。そのため、『復習すること』は必須です!しっかりと復習し、テクニックを自分のものにしてくれれば、模試の点数等も必ず伸びていきます。今やっていることを信じ、復習を完璧にしてください。また、指導科目以外の科目についてもアドバイスしています。そろそろ理科や社会など他の教科も勉強開始し、入試でバランスよく得点できるようにしましょうね。

☆高校2年生は進路に向けて先ず1歩を!

 新高校2年生は春期講習から新しく1人の生徒が加わり、少し活気がでてきたように思います。今年一年は高校2年生にとって希望の進路にどれだけ近づけるかの挑戦の年です。もちろん、今はまだまだ手の届かない志望校であっても、今年一年の頑張り次第では合格も夢ではありません。高い志とそれに向って努力することが、成長につながります。部活が忙しく学習時間を確保できない生徒さんもいます。部活と勉強との両立は大変なことと思いますが、時間の使い方を工夫し、受験の土台作りをしましょう。

☆中学3年生は内申点対策!

春期講習は3時間指導でしたが、疲れた表情を見せながらも頑張ってくれたと思います。まだ私から見ると『学習量が足りないなぁ』と思うことが多いです。道コンの結果を見ると2人とも成績も伸び、その点は高く評価していまが、志望校合格を考えるとまだボーダーに入っていません。

 新中学3年生に必要なのは、一回目の定期テストの点数を十分取り、内申ランクを上げること。内申ランクが1ランク上げることができれば、ボーダーラインに近づくことができ、当日の精神的プレッシャーも軽減できます。もう今から意識して、内申点を上げられるようにしましょう。夏からは本格的な入試対策になります。1学期のうちに内申ランクに余裕をもたせておきましょう。

☆中学2年生は飛躍を期待

 春期講習では今回初めて理科・社会を講義に入れ、道コンを意識した内容にしました。中学生の中で一番成績を伸ばしてくれたのが2年生。4回という多くはない道コン対策講義の中ではありましたが、的を絞った対策で結果を残すことができ、新学期に向けて良い流れができました。ただ、もっと真剣に勉強に取り組んでくれれば、今とは全く違う点数・成績を残すことも不可能ではないと思い、強い期待感を持っています。今回の道コンを境に講義に対する姿勢もこれまでよりは良くなり、意識も少しずつ変わっているのではないかと思います。

今後の飛躍に大いに期待します!

☆中学1年生はまず学校生活に慣れること

 新入学おめでとうございます。春期講習では中学の数学・英語の予習をしましたので、中学校の授業も問題ないはず。自信をもって挑んでください。指導中の態度も素晴らしいものでした。これほど意識の高い中学1年生も珍しいと思います。これからの3年間を中だるみせず、このままの意欲を持って過ごしてください。

 まだ中学校生活には慣れることができていないと思いますが、早く自分のペースをつかみ部活と勉強の両立ができるように頑張りましょうね。

♪クロワッサン♪

私は息抜きの時間を確保するのがなかなか難しいので、食べることで気分転換しています。ただ、体重も気になるところ(笑)。最近は雑炊に凝っていて、ダイエットも兼ねて指導後は雑炊を食べています。また、骨折したのを機に『食べる小魚』という煮干のようなもの食べています。これが結構美味しい☆魚を食べると頭が良くなる(?)とも言うので、体と頭のために食べてみてはどうでしょうか。