アンフィニ通信5月号

☆はじめに…

 こんにちは。ゴールデンウィークも過ぎ、潮陵生はもう1回目の定期テスト目前ですね。中学生や他の高校生も、最初の定期テストまで一ヶ月をきっている人がほとんどだと思います。

 高校生の皆さんは一般入試での受験を考えている人がほとんどなので、定期テストの結果が入試に直結することはありませんが、中学生の皆さんは違います!今年最初の定期テストの結果で内申点の3分の1が決まってしまうと言っても過言ではありません。4月、5月はどうしてものんびりとした気分になりがちですが、そろそろ気持ちを切り替えるときですね。

 今回のアンフィニ通信では、各学年の講義の様子について書きたいと思います。それぞれ、良かった点、反省すべき点あると思います。是非、意欲を高めるきっかけにしてください!

☆高校生

高校3年生の講義は、春期講習のあたりから私の目から見てもガラリと様子がかわりました。講義に向かう姿勢や意欲が全員大変高く、講義もほとんど休憩なしで充実した内容のものを行うことができており、私も講義後は良い意味でぐったりしています。

 講義前後の質問の回数も以前とは比較にならないほど増えました。3年生からは、ほぼ毎回質問を受けている状態です。また質問の質もよく、しっかりと復習に取り組んでいる様子が伺えます。

 高校2年生は、全員が潮陵生。もう第一回の定期テスト目前ですね。どうしても中だるみしがちな学年になり、モチベーションを保つのも大変なのではないでしょうか?『定期テスト前なのにどうしても集中力が上がらない』『気持ちが向かない』ということはありませんか?また、部活動も2年生ということで、中心となって動かなければならないことも増えてくるころと思います。

 『高いやる気を維持すること』『部活動との両立』。この2点が、高校2年生の大きな課題となりますね。

とはいっても、講義に向かう姿勢などに問題があるようなことはありません。高校生は、ひとりひとりの勉強に対する考え方や向かい方もある程度しっかりしていると思っています。

今後、3年生は受験に対する不安やストレス、2年生は前述したように部活との両立やモチベーションの維持など、それぞれ解消すべき課題と直面することもあると思いますが、これまで同様頑張っていきましょう。勉強や受験に対する不安や問題が出てきたときは、遠慮なく相談してください。ひとつひとつ解消し、目標に向かって進んでいきましょう!

☆中学生

 中学生は全学年を通して、良い意味でも悪い意味でも『発展途上』です。講義に向かう姿勢、勉強に対する意欲、問題意識、進路に対する考え方…。全員まだ波があり、良い状態の時とそうでない時の差が激しいのが現状です。意識して改善しましょう。

 講義に向かう姿勢が一番しっかりしているのは中学1年生です。1年生の講義はほとんど休憩もありません。部活の後で大変な中、とてもしっかりした態度で講義に向かってくれており、本当にこの先が楽しみです!2、3年生は少し見習ってください。1年生の次の課題は、家庭学習の習慣をいかに身につけるかです。

 小テストの結果や講義の理解度・習熟度が一番良いのは2年生です。4月の道コンの流れそのままにといった感じです。数学の小テストを唯一2回で合格したのも2年生。不合格になると見込んで3回目のテストを作ってしまい、『信用してくれよ』と怒られました(笑)。次の定期テストの結果も『信じて』期待していても大丈夫ですよね?1ランク上を目指して頑張りましょう。

 3年生はあえて辛口の評価をさせていただきます。というのも、今後の厳しさを知っているから。十一月には進路を決める話し合いを、面談でしなければなりません。そのためにも、次の定期テストは『失敗が許されない』テストです!勿論、これまでより成績は上げたいと思っていますし、そのための対策もしていますが、大切なのは『伸び幅』です。3年生は、『志望校への強い気持ちがもう少し全面にでてほしい』と思うことが多いです。『勉強量』・『講義への参加の仕方』を考え改善してみましょう。

♪クロワッサン♪

生徒にアンフィニ通信を渡すと、悲しいかな、必ずクロワッサンから読み出します(笑)

私としては、他の部分を真剣に読んでほしいのですが…。

最近、尚美先生は『あみぐるみ』という毛糸でぬいぐるみを編んだ物にはまって、せっせと編んでいます。皆さん『意外』と思いますよね。最近では、一に指導・二にあみぐるみ、三四がなくて、五にようやく家事です。ちなみに、私は二番目に家事ですが…(汗)