アンフィニ通信5月号(H24.5)

はじめに

こんにちは。一学期も中盤に入り、各学年の定期テストが近づいてきました。学習塾アンフィニでも、大学受験生対象の講座以外は定期テスト対策へ移行しております。大学受験生対象のクラスはもちろん、どの学年の生徒も意欲的に講義に臨んでくれており、集中力を持って取り組んでくれている様子を見ると、とても嬉しく思います。第一回の定期テストも、生徒の皆さんが納得できる結果になるよう、対策を進めていきたいと思っています。

今できることを黙々とこなす

大学受験生はもちろん、他の学年の生徒の皆さんも定期テストが近づいているので、家庭学習の時間が増えてきているかと思います。特に潮陵生の皆さんは、6月の上旬が定期テストということで、テスト前の最後の追い込みの時期。ストレスを感じることもあるのではないでしょうか?

 テストの直前や受験期は、すべきことがたくさんあるので「あれもこれもやらなければ」と追いつめられてしまうことが良くあります。しかし、「あれもこれも」と少しずつ手を付けてはやめたり、ただ頭で考えて憂鬱になったりはしていないでしょうか?そのような勉強方法をしていては、一つ一つのことが雑になってしまいます。また、手応えを感じられないので達成感もなく、自信を持ってテストに臨むことができません。 

 そのような状況に陥らないためにも、その時にできることを確実にこなすことを心がけましょう。例えば、「塾の復習」は必ずしてほしいことの一つです。塾で受講している科目については、塾でやったものの反復練習を徹底するようにしてください。

どの教科も、いろいろなものに同時に手を付けるのは得策ではありません。一つの教材(問題集)が終わったりひと段落してから、次のものに取り組むようにしてください。そうすれば、あれもこれも手を付けている時よりもずっと充実感が得られますし、何をやったらいいのかなどと迷う必要もありません。

 どうしてもプレッシャーや焦りがあると「もっといい方法があるのでは」と色々なものに目が行ってしまいがち。これは私も日頃やっていることなのですが、紙にすべきことを書き、やったら斜線で消していく。この方法だと、すべきことを迷ったり見失ったりすることもありませんし、一つずつ消していく作業は同時に達成感も得られますよ。

 

中学生は内申点アップを目指しましょう

中学生の皆さんは、定期テストまであと1か月。朝里中学の皆さんは1週間早いので1か月もありませんね。

 中学生の講義は、今年から教科書が全面改訂されたこともあり、例年よりもかなり早く学校の先取り指導を開始しました。そのため、英語・数学についてはすでに定期テストの範囲を終えることができていると思います。早く終えられているということは、それだけ多く定期テスト対策に時間を残せているということです。この余裕のある時間をぜひ活用し、問題演習や反復練習を徹底していきましょう。これからの時間は英数以外の3科目の講義時間も増やしていきます。5科目バランスよく得点し、内申点アップを目指しましょう。中学1~3年までで、100点の答案が何枚見れるか楽しみにしています!

 

クロワッサン

寒暖の差が激しい春になりましたね。6月になったら一気に暑くなるのではないかと心配しています。私は寒いよりは暑い方が好きですが、皆さんはいかがでしょうか。

 一時「お菓子は卒業だ」と甘いものを控えていた時期があるのですが、またその反動で食べ始めてしまいました(笑)。講義をした後の甘いものは何であんなに美味しく感じるんでしょう♪